「ギックリ腰」の記事一覧

  • ホーム
  • 当院へのアクセス
  • ブログ
  • サイトマップ

ギックリ腰
ギックリ腰

坐骨神経痛~お尻から足へビリビリど~ん~

お尻から太もも、足の付け根からふくらはぎへ痛みが走る時

『坐骨神経痛ですね。』

と病院で言われる事があります。

 

坐骨神経痛とは病名ではなく、「症状名」です。

坐骨神経とは、お尻から足の方へ向かっている太い神経です。

太いですよね~。

 

前からみるとこんな風に沢山の神経が集まって
太い坐骨神経になってるのがわかりますね。

 

そして太ももの後ろを通って

途中で二手(大きく分けると)に分かれて

①ふくらはぎの中心から内くるぶし。

②ヒザの外側から外くるぶし。

に行きます。

 

この、お尻から太もも後ろ。 ふくらはぎにかけての痛み

ビリビリと電気が走った様な痛み。

ど~~んという鈍痛。

 

元の圧迫している原因を取り除かないと、

なかなか症状は改善しません。

 

 

これこれ!と思い当たる方、是非お気軽にご相談ください。

 

からだのねっこから元気になるお手伝いさせて頂きます(*^_^*)

坐骨神経痛といえば 豊中 バイタルリアクトセラピー専門院 宮脇治療院まで!

 

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ぎっくり腰になる原因は。。。

待ち遠しかった春が一気にきましたね! 院長の宮脇です。

ぎっくり腰になる原因、なんだと思いますか?

 

「思いものを持った瞬間にぎくっ!ってなりました。」

「寝ていて起き上がる時に、ぎくっ!ってなりました。」

「座ってて立ち上がる時にぎくっ!ってなりました。」

 

中には「普通の何気ない動作の時に、ぎくっ!ってなりました。」

とおっしゃる方もおられます。

 

きっかけはあったとしても、

ぎっくり腰になるべくしてなっているのです。

 

体は腰だけで動いているのではありません。

特に背骨はS字のカーブをして連なっているのはご存じですよね?

 

横から見るとこんな感じ

 

  

 

このS字のカーブが崩れていると

その崩れが首であったとしてもその影響は腰にまでおよびます。

 

体の大黒柱が歪んでいると、ぎっくり腰も起こるべくしておこります。

 

しかも、腰だけ治療して良くならない、という事もおこったりします。

 

 

この状態した上で、悪い箇所をなおさないといけないですよね!

 

バイタルリアクトセラピーでぎっくり腰とさよならしましょう(*^_^*)

 

大阪 豊中でぎっくり腰と言えば、宮脇治療院まで、

お気軽にご相談くださいね!

 

 

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

年末のギックリ腰に注意!

こんにちは! 豊中でぎっくり腰といえば宮脇治療院☆ 院長の宮脇です。

年末、片付けや大掃除でおこりやすいのがそう「ギックリ腰」です。

 

 

寒くて、関節が硬くこわばっているところに、

普段しない姿勢や体の動きをするので、起こりやすいのでしょう。

 

以前記事にも上げましたが、ギックリ腰はおこるべくして起こっています

ギックリ腰がおこる体の状態だった、という事ですね。

ぎっくり腰になるべくしてなっている!

 

 

早め早めのメンテナンスをする事で、大きなトラブルを防ぎましょう!

 

明日、12月27日(水)は振替で午前診。 年末は29日の午後診までです。

 

家だけでなく、からだをしっかりメンテナンスして、気持ち良く新年を迎えましょう~(*^_^*)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
このページのトップへ