「股関節」の記事一覧

  • ホーム
  • 当院へのアクセス
  • ブログ
  • サイトマップ

股関節
股関節


股関節のトラブル(変形性股関節症)にお困りの方に②

今日は暖かいですね!小春日和で治療院の窓から見える日差しも、あったかそうです(*^_^*)

 

さて、昨日の続きです。

股関節のトラブルに、何故土台である頭(頭蓋骨)と背骨が大事なのか?

人体には約260の関節があって、動いている時はもれなく関節運動しています。

 

BNI60秒用Education

 

左の状態で動かすのと、右の状態で動かすのと、どちらが体を痛めなくていいでしょうか?

 

 

答えは明白! 間違いなく左の正常な姿勢で、動くのが関節を痛めなくていいですね!

 

 

通常ある治療というのは、痛みや症状が出ている所、その患部にアプローチする対症療法が主になっています。

 

膝が痛かったら膝、腰が痛かったら腰にアプローチしたりします。

勿論それで収まる事もあります。

 

でも、右の様に土台が歪んでいる状態で膝や腰、股関節等、症状が出ている場所だけ

アプローチしても、症状が出続けるし、そんな状態で関節を使う訳なので、悪くなる一方ですね。

 

大事なのは、構造的に

image  cf17d7bddaf07abd78f43c692ac4cf4d  image

 

左を右の状態にしてから、悪くなっている各部位

症状を出している、膝や腰や股関節等々を治すのが大切です!

治療を進めて行くと、もう一つ大事な事があります。

 

股関節トラブルの秘密兵器! 次回に続きます(*^_^*)

 

股関節のトラブルにお困りの方、毎月先着で体験頂けます。

お気軽にご相談ください。

先着5名様限定、バイタルリアクトセラピーがお得に体験出来ます(*^_^*)

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

股関節のトラブル(変形性股関節症)にお困りの方に①

寒くなって来ましたね! 早め早めのメンテナンスが大切です(*^_^*)

今日は、股関節のお話しです。
当院にも、股関節のトラブル(変形性股関節症)でお困りの患者様が、結構お見えです。

女性に多いと言われている変形性股関節症ですが、男性もおられます。

 

変形性股関節症とは、足の付け根大腿骨と骨盤の関節の間が変形し

痛みや歩行困難を起こす状態です。

15046239_1086771798088495_1385931651_n

←の関節が変形して狭くなります。

 

女性の割合が多いと言われていますが、男性の患者様もおられます。

先天的な形成不全、奇形が主な原因と言われています。

年齢を重ねると、変形が進んで症状も重くなり、最終的には人工関節の手術、という事に(>_<)。

 

当院には、手術をしない様にメンテナンスを続けている方、手術をされた後のメンテナンスの方がおられます。

 

中には①バイタルセラピー歴12年、27年前に骨切り手術をして、

同時期に手術を受けた方はとっくに2回目の手術をうけているのに

無理をしなければ痛みもなく過ごしておられる70代の女性。

 

②生まれつき股関節の形成不全で、整形外科からは手術しかない、と言われた男性(30代)。

初診時激痛で、夜も眠れずにお見えになりましたが、

激痛と痛みは収まっています。(ツッパリ感が残っておられますが。)

 

その他、③両股関節を人工関節に置き換え手術後、

当院にお見えになってメンテナンスをしながら快適に過ごしておられる方。(70代)

等々がおられます。

 

股関節が悪いからといって、股関節周囲をガンガン施術するわけではありません。

やはり土台が大切! 要なのは頭蓋骨を背骨である土台です。

 

股関節のトラブルにお困りの方、是非宮脇治療院までお問い合わせくださいね!

何故股関節をガンガン施術しないのか? 続きは明日のお楽しみに~(^_-)-☆


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2 / 212
このページのトップへ