「首の症状」の記事一覧

  • ホーム
  • 当院へのアクセス
  • ブログ
  • サイトマップ

首の症状
首の症状


痛いところが犯人なの?

「頭が痛い。」 「腰が痛い。」等々。

初診の新患説明の際に、「あなたの体の異常を知らせる非常ベルが鳴っています。」

とお話しします。

 

対症療法をして一旦症状のベルを止めたとしても。。。

 

ベルが鳴っている箇所と火事が起こっている箇所が別だと

火事が消えていないと再びベルが鳴りだします。

 

 

大切なのは火事の元=原因を消す事ですね。

 

 

あなたの症状の原因は何処だ?!

見極めないといけませんね。

 

 

痛み、痺れ、関節の動きが悪くて痛い~

 

 

 

お困りの方、お気軽にご連絡ください。

 

バイタルリアクトセラピーでからだのねっこから元気で健康な体を取り戻しましょう!

大阪でバイタルリアクトセラピー専門院といえば、宮脇治療院まで(*^_^*)

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

12月なのに20℃!自律神経の乱れにご注意

今日の大阪は20℃まで上がるらしいですね!

12月とは思えない暖かさです。

家の周りの銀杏が綺麗な真っ黄色。

まだ今年も2か月位ある?と勘違いしそうです(^_^;)。

 

 

院長の宮脇です。

 

週末から通常の冬の天気に戻って、最高気温が10℃以下になってくるようです。

暖かいのは良いのですが、こんなに寒暖の差が激しい揺さぶられ方は体調にも影響しますね。

 

からだ(體)には「からだの内部環境を一定に保つ=ホメオスタシス」が備わっています。

自律神経があなたが命令しなくても、色々調整してくれています。

心臓の速さ、血圧、その他の内臓等々。

 

その自律神経の出口が頭の骨(頭蓋骨)と背骨にあります。

 

背骨や頭蓋骨が歪んでいたら、出口で自律神経も圧迫してしまいます。

 

 

体の歪みは体調不良の原因の一つです。

バイタルリアクトセラピーで気温差にも負けない丈夫で元気なからだを取り戻しましょう!

 

からだのねっこから元気になる!

バイタルリアクトセラピー専門院 豊中の宮脇治療院までお気軽にご相談ください。

スマホからそのまま電話がかけれます。

メールやLINE@からもお問い合わせ頂けます。

 

 

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子供の頃のケガの影響、侮らないで~

院長の宮脇です。

『子供の頃からどんなケガや事故されましたか?』

初診時の問診の時にもいつも患者様にお尋ねします。

 

骨折や事故以外はあまり覚えてない方も沢山おられるので、

『特になし』と記載される方も多いです。

面白い事に、施術を続けて行くと

 

『思い出しました! 小さい時に自転車でこけて、頭縫った事ありました。』

等、思い出される事が多々あります。

 

体が覚えているんですね。

 

階段で転げた、ジャングルジムから落ちた、自転車乗ってこけたetc…

それに、記憶がない頃の3、4才までのケガって覚えてないものです。

親に聞いてないとわからないモノですよね。

 

小さい頃のケガが大きくなってからの色んな症状に繋がっています。

 

 

 

これは初診の新患説明の時に使う、「ライフライン」というポスターです。

写真右端のイラスト、子供が尻もちをついてますね。

 

しっかりハイハイしないで立ったり歩いたりすると、転び易く

尻もちをつくと、小さい頃はまだ骨が柔らかく全てくっついていないので、

尾骨が折れたり、仙骨をうって大きくなってからの骨盤内の症状の原因になったりします。

 

 

当院では乳幼児から診ています。

小さい頃にケアしておけば、大人になってから困る事も少なくなるし

中には成長が著しく変わる子達もいます(*^_^*)。

 

早めのケアが肝心ですね! 大人になってからでも遅くはありません。

心当たりある方、お気軽にご相談くださいね。

 

 

追記: 額に小石がめり込んだ後が今も残っています。

4,5才の頃にぶらんこから落ちて顔面で地面を受けたようです(^_^;)。

手をついたら良かったのに。。。がお~。

でもお蔭でこの仕事にめぐり会えたと思っています。

ケガして良かった。。。ンかな?

 

豊中で姿勢改善といえば、バイタルリアクトセラピー 宮脇治療院まで☆


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体が歪んだ状態でスポーツすると。。。

院長の宮脇です。

冬のオリンピックの開幕ですね。

体がこんな風に歪んだ状態でスポーツするのと

 

こんな風にバランスがとれて軸がしっかりしている状態で
スポーツするのとどちらが良いですか?

答えは一目瞭然ですね!

 

スポーツ選手、スポーツする方で肘や膝、足首等を痛める方がおられますが、

痛めている箇所だけでなく、体の土台がどうなっているか、

がとても重要になってきます。

 

体が歪んだまま痛めている箇所だけ治しても
構造的に歪んだ状態なので、そのままスポーツで関節運動すると
又痛めてしまう。

当たり前の事なのですが、見落とされガチです。

その方の体に合ったフォームの修正も大切ですが、

まずはその歪んだ土台をちゃんとしましょうよ!

という事です。

 

バランスがとれた状態でスポーツすると関節を痛めにくいですし、
おまけにパフォーマンスもアップします。

 

痛めている箇所が中々良くならない方、
お気軽にご相談くださいね(*^_^*)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

痛み止めの弊害について

こんにちは!院長の宮脇です。

「痛み止め(解熱消炎鎮痛剤)」は炎症を抑え、痛みを軽減してくれるお薬です。

 

 

痛みを感じさせなくしてくれる、と言った方が良いですね。

勿論、辛くて仕方ない時は飲まざるを得ない事もあると思います。

(重い病気の時もですね。決して痛み止めを否定しているわけではありません。)

 

初診でお見えの患者様の中でも、

頭痛や腰痛で痛み止めを常用されている方がおられます。

多い場合は1月に1箱以上箱買いされている場合も。

皆さんが薬局で買われる痛み止めは「非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)」になると思います。

このお薬の副作用の一つが、胃を荒らしてしまう事です。

病院で痛み止めを出される時に、胃腸薬も処方されるのはこの為です。

痛み止めによっては胃粘膜保護の為に、アルミニウムが入っている薬もあります。

アルミニウムを人体にいれる弊害も色々と言われていますね。

中枢神経に与える影響、アルツハイマーや腎障害等々。。。

 

薬は必要最小限に。 飲まないで済んだ方が勿論良いですね!

当院では毎月痛み止めを箱買いしていたのに、

一切痛み止めを買わなくて済んでいる患者様が多数おられます。

頭痛、腰痛、膝痛み等々。。。

 

お気軽にご相談くださいね(*^_^*)

最後までお読み頂きありがとうございます☆

 

 

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1 / 212
このページのトップへ