「首の症状」の記事一覧

  • ホーム
  • 当院へのアクセス
  • ブログ
  • サイトマップ

首の症状
首の症状

子供の頃のケガの影響、侮らないで~

院長の宮脇です。

『子供の頃からどんなケガや事故されましたか?』

初診時の問診の時にもいつも患者様にお尋ねします。

 

骨折や事故以外はあまり覚えてない方も沢山おられるので、

『特になし』と記載される方も多いです。

面白い事に、施術を続けて行くと

 

『思い出しました! 小さい時に自転車でこけて、頭縫った事ありました。』

等、思い出される事が多々あります。

 

体が覚えているんですね。

 

階段で転げた、ジャングルジムから落ちた、自転車乗ってこけたetc…

それに、記憶がない頃の3、4才までのケガって覚えてないものです。

親に聞いてないとわからないモノですよね。

 

小さい頃のケガが大きくなってからの色んな症状に繋がっています。

 

 

 

これは初診の新患説明の時に使う、「ライフライン」というポスターです。

写真右端のイラスト、子供が尻もちをついてますね。

 

しっかりハイハイしないで立ったり歩いたりすると、転び易く

尻もちをつくと、小さい頃はまだ骨が柔らかく全てくっついていないので、

尾骨が折れたり、仙骨をうって大きくなってからの骨盤内の症状の原因になったりします。

 

 

当院では乳幼児から診ています。

小さい頃にケアしておけば、大人になってから困る事も少なくなるし

中には成長が著しく変わる子達もいます(*^_^*)。

 

早めのケアが肝心ですね! 大人になってからでも遅くはありません。

心当たりある方、お気軽にご相談くださいね。

 

 

追記: 額に小石がめり込んだ後が今も残っています。

4,5才の頃にぶらんこから落ちて顔面で地面を受けたようです(^_^;)。

手をついたら良かったのに。。。がお~。

でもお蔭でこの仕事にめぐり会えたと思っています。

ケガして良かった。。。ンかな?

 

豊中で姿勢改善といえば、バイタルリアクトセラピー 宮脇治療院まで☆


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体が歪んだ状態でスポーツすると。。。

院長の宮脇です。

冬のオリンピックの開幕ですね。

体がこんな風に歪んだ状態でスポーツするのと

 

こんな風にバランスがとれて軸がしっかりしている状態で
スポーツするのとどちらが良いですか?

答えは一目瞭然ですね!

 

スポーツ選手、スポーツする方で肘や膝、足首等を痛める方がおられますが、

痛めている箇所だけでなく、体の土台がどうなっているか、

がとても重要になってきます。

 

体が歪んだまま痛めている箇所だけ治しても
構造的に歪んだ状態なので、そのままスポーツで関節運動すると
又痛めてしまう。

当たり前の事なのですが、見落とされガチです。

その方の体に合ったフォームの修正も大切ですが、

まずはその歪んだ土台をちゃんとしましょうよ!

という事です。

 

バランスがとれた状態でスポーツすると関節を痛めにくいですし、
おまけにパフォーマンスもアップします。

 

痛めている箇所が中々良くならない方、
お気軽にご相談くださいね(*^_^*)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

痛み止めの弊害について

こんにちは!院長の宮脇です。

「痛み止め(解熱消炎鎮痛剤)」は炎症を抑え、痛みを軽減してくれるお薬です。

 

 

痛みを感じさせなくしてくれる、と言った方が良いですね。

勿論、辛くて仕方ない時は飲まざるを得ない事もあると思います。

(重い病気の時もですね。決して痛み止めを否定しているわけではありません。)

 

初診でお見えの患者様の中でも、

頭痛や腰痛で痛み止めを常用されている方がおられます。

多い場合は1月に1箱以上箱買いされている場合も。

皆さんが薬局で買われる痛み止めは「非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)」になると思います。

このお薬の副作用の一つが、胃を荒らしてしまう事です。

病院で痛み止めを出される時に、胃腸薬も処方されるのはこの為です。

痛み止めによっては胃粘膜保護の為に、アルミニウムが入っている薬もあります。

アルミニウムを人体にいれる弊害も色々と言われていますね。

中枢神経に与える影響、アルツハイマーや腎障害等々。。。

 

薬は必要最小限に。 飲まないで済んだ方が勿論良いですね!

当院では毎月痛み止めを箱買いしていたのに、

一切痛み止めを買わなくて済んでいる患者様が多数おられます。

頭痛、腰痛、膝痛み等々。。。

 

お気軽にご相談くださいね(*^_^*)

最後までお読み頂きありがとうございます☆

 

 

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

症状が他の箇所にも出て来たのは実は。。。

こんにちは! この2、3日少し暖かいですね。

大阪は最高気温12度。

来週は又一気に寒くなるみたいですので、

体調管理にお気を付けくださいね!

今日は脳のお話をしましょう。

痛い場所は体の様々な箇所だったりします。

でも、その信号をとらえて認識するのは「脳」ですね。

 

 

患者様で主訴(初診時に訴えられる症状)が数回でとれて楽になってきたら、

「〇〇の痛みがとれて来たら、今度は△△が痛くなってきました。」
と言われる方がおられます。

元々△△も悪かったけど、一番症状がキツイところを脳が最優先に認識するので、

 

信号が△△から症状の信号が上がってきてるけども、

体を使っている本人は、脳が最優先して認識している「〇〇の症状だけだ」と勘違いしている、

という場合が結構あります。

 

 

脳って面白いですね。

 

こんな場合は上記の様に説明をして、
「前から悪い箇所ですよ。主訴が取れて来たので痛んでいるのが認識できたのだと思います。
ここもしっかり治していきましょうね!」
とお伝えします。

悪いところを全部整えて、からだのねっこから健康になるお手伝いをします(*^_^*)

お気軽にご相談くださいね!

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

血圧について②~首は脳への血液の通り道~

院長の宮脇です。 今日は比較的暖かいですね(^v^)。

血圧について第二弾をお届けします!

「血圧をコントロールしているのは自律神経」と先々週ご説明しました。

血圧のコントロールをしているのも自律神経

 

高血圧の患者で頭蓋骨、頸椎のアプローチをすると、血圧が下がる方がおられます。

勿論自律神経へのアプローチが要因の一つになっていると思うのですが、

心臓から全身に巡る血液ですが、一番重要なのが「脳」への血液供給です。

心臓から出た血液は、必ず「」を通ります。

44F6B684-C43F-4CE4-BFFD-93F1EBEB93CD

 

重力に逆らって、心臓より上にある脳へ向かって血液を送るには

相当のポンプ作用で圧をかけて上に送らないといけないです。

 

通り道である「首」の環境が悪いとどうでしょう?

物理的に圧迫しているのは、良くない状況です。

流れが悪いので、心臓は一生懸命ポンプ作用で血液を送ろうとしますよね?

 

ここで大切になってくるのは、綺麗な血の『動脈』の流れは勿論

汚れた血の『静脈』の流れも非常に重要です。

汚れた血が滞らずに戻る事で、

酸素と栄養が詰まった綺麗な血がまんべんなく行き渡るのですね。

 

動脈』も『静脈』も神経によって支配を受けており、

首の筋肉筋膜の間を通って、頭蓋骨の穴から脳へ血液が行きます。

 

553E653E-BC0D-4625-BE1E-45DD1A488017

 

頸椎、頭蓋骨をアプローチして、治療が進むと血圧が下がる患者様は

その流れが良くなるのが理由の1つだと考えられます。

 

最後までお読み頂きありがとうございます(*^_^*)

 

 

 

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
このページのトップへ