「宮脇治療院ブログ」の記事一覧

  • ホーム
  • 当院へのアクセス
  • ブログ
  • サイトマップ

宮脇治療院ブログ
宮脇治療院ブログ


骨を強くしよう!骨粗しょう症の予防。

こんにちは!院長の宮脇です。

先週、「骨粗しょう症なので、骨を強くするには何をしたらよいのでしょうか?」

と患者様から質問がありました。

 

年をとってくると、女性は特にホルモンの影響で骨粗しょう症になる方が多いです。

 

骨粗しょう症になると骨がスカスカになって、

トイレから立ち上がっただけ、軽くこけただけ、そんな事で骨折してしまうの?

というちょっとした動作でも骨折してしまう危険性が出てきます。

 

患者様の質問に、こうお答えしました。


「骨をつくるには、

栄養(カルシウムだけでなく、必須アミノ酸であるタンパク質必須) 
骨に圧(衝撃)がかかる事。
日光浴

この3点が大切です。


はカルシウムは勿論、必須アミノ酸であるタンパク質が足りていないと骨は形成されない


骨に圧(衝撃)がかかる事で新しい骨が形成されるので、家で軽くジャンプしてください。
(この方は一定時間あるけないので、ジャンプとお伝えしました。歩いてもOK)

日光浴する事でビタミンDが活性化されるので、家の中でも良いので日光浴してください。」

※③詳しくは以前のブログで骨粗しょう症。気分が沈んでいるときもおすすめ

 

するとタイムリーな事に、日曜日にNHKスペシャル「人体」で骨の特集をやっていました。

骨から若がえり等の色々なメッセージ物質が出されているという

とても興味深い内容でした。

 

その中で、大学病院の研究で毎日ジャンプをすると、

骨密度があがる実験結果をみせていました。

  ジャンプ!

 

フランスの有名な自転車選手は、転倒して大腿骨を骨折した25歳の時に

なんと骨密度が70~80代くらいの骨密度だったとの事(>_<)。

 

自転車は骨に圧が架からないスポーツなので、こんな骨密度になっていた様です。
(しかも、ランニング等は極力していなかった模様)

 

皆さんも①、②、③是非毎日コツコツ(骨々)実践してくださいねヽ(^o^)丿

骨が強くなると、元気に若くいられる秘訣にもなります

 

追記:NHKの人体のホームページ、面白いので興味ある方は是非!
http://www.nhk.or.jp/kenko/jintai/


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飲酒時はビタミンB群を一緒に摂りましょう

年末年始。増えるのが、お酒を飲む機会ですね。

 

アルコールを人体内で分解する時に消費されるのが、ビタミンB群です。

飲酒をすると失われていきます。

ビタミンB群は、B1、B2、B6,B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチンの8種類です。

ビタミンB群は補酵素として、体のあらゆる代謝に関して大切な働きをしています。

飲食店でお通しが出てきますが、何かを食べながら呑むのが大切ですね。

 

ビタミンB群を含む食品を上げておきます。参考にしてくださいね!

 

 

ビタミンB1を多く含む食品

豚肉・うなぎ・ナッツ類・かつお・枝豆・ホウレンソウ、落花生等々。

それから、アルコール度数の高いお酒を飲むときは、お水をセットで飲んで下さいね。

 

命水。大切! (と、自身へも言い聞かせ(^_^;))

 

頭痛、腰痛 からだのねっこから元気になる

豊中でバイタルリアクトセラピーといえば宮脇治療院まで!

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日向ぼっこのススメ

どんよりした冬空の合間に差し込む太陽の光。

植物にも太陽光はかかせませんが、人体にも太陽の光は大切です!

骨を作るのにかかせないビタミンDは、太陽に当たる事で体内で作られます。

 

 

ビタミンD不足のうつ病、精神疾患との関係も言われています。

 

足腰が悪い高齢の患者様は寒い冬、外で歩く事が困難になってきます。

 

そこでお勧めするのが、室内での日向ぼっこ

是非実践くださいね!

晩秋から冬にかけて、午前中治療院の窓から太陽光が差し込みます。

この冬の午前中の日差しが好きです(*^_^*)

パキちゃんもお昼休みに日光浴です!

 

 

腰痛、ヘルニア といえば 

豊中の女性治療家によるバイタルリアクトセラピー専門院

宮脇治療院までお気軽にお問合せくださいね。

 

 

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

痛いところが犯人なの?

「頭が痛い。」 「腰が痛い。」等々。

初診の新患説明の際に、「あなたの体の異常を知らせる非常ベルが鳴っています。」

とお話しします。

 

対症療法をして一旦症状のベルを止めたとしても。。。

 

ベルが鳴っている箇所と火事が起こっている箇所が別だと

火事が消えていないと再びベルが鳴りだします。

 

 

大切なのは火事の元=原因を消す事ですね。

 

 

あなたの症状の原因は何処だ?!

見極めないといけませんね。

 

 

痛み、痺れ、関節の動きが悪くて痛い~

 

 

 

お困りの方、お気軽にご連絡ください。

 

バイタルリアクトセラピーでからだのねっこから元気で健康な体を取り戻しましょう!

大阪でバイタルリアクトセラピー専門院といえば、宮脇治療院まで(*^_^*)

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

12月なのに20℃!自律神経の乱れにご注意

今日の大阪は20℃まで上がるらしいですね!

12月とは思えない暖かさです。

家の周りの銀杏が綺麗な真っ黄色。

まだ今年も2か月位ある?と勘違いしそうです(^_^;)。

 

 

院長の宮脇です。

 

週末から通常の冬の天気に戻って、最高気温が10℃以下になってくるようです。

暖かいのは良いのですが、こんなに寒暖の差が激しい揺さぶられ方は体調にも影響しますね。

 

からだ(體)には「からだの内部環境を一定に保つ=ホメオスタシス」が備わっています。

自律神経があなたが命令しなくても、色々調整してくれています。

心臓の速さ、血圧、その他の内臓等々。

 

その自律神経の出口が頭の骨(頭蓋骨)と背骨にあります。

 

背骨や頭蓋骨が歪んでいたら、出口で自律神経も圧迫してしまいます。

 

 

体の歪みは体調不良の原因の一つです。

バイタルリアクトセラピーで気温差にも負けない丈夫で元気なからだを取り戻しましょう!

 

からだのねっこから元気になる!

バイタルリアクトセラピー専門院 豊中の宮脇治療院までお気軽にご相談ください。

スマホからそのまま電話がかけれます。

メールやLINE@からもお問い合わせ頂けます。

 

 

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップへ