「宮脇治療院ブログ」の記事一覧

  • ホーム
  • 当院へのアクセス
  • ブログ
  • サイトマップ

宮脇治療院ブログ
宮脇治療院ブログ


「目の保養」 by坂井

少し前までは薄紅や白のハナミズキが私の目を楽しませてくれてました。

今は、あちこちのお宅の薔薇🌹が、私の通勤のひとときを楽しませてくれています

さすがに勝手に写真に収める訳にもいかないので、近所の市役所の花壇のものを写してみました。

 

※豊中の市花はバラなんですよね!
新緑とバラの季節がやってきました。
写真見てても癒される~♪ by宮脇

大阪 豊中でヘルニアといえば バイタルリアクトセラピー 宮脇治療院まで(^_-)-☆


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カヌーでくるくる by スタッフ長谷川

こんにちは😃

スタッフの長谷川です。

GWも終わりましたね。皆さんどのようにお過ごしでたでしょうか?

私は娘と一緒にカヌー体験をしました‼️

とても楽しみにしていたのですが、
いざカヌーに乗って自分でパドルを使って前に進もうとすると‥。

その場で時計の針のようにクルクル回るばかりで、
なかなか行きたい方向へ進めず
あらよあらよという間に娘と離れてしまい‥。

大分遅れて参加メンバーの皆さんのところにに追いつきましたが、
終わった頃には心身ともにぐったりしてしまいました😓

案の定、次の日は筋肉痛になり日頃の運動不足を痛感しましたが
楽しい思い出ができて良かったです‼️


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

坐骨神経痛~お尻から足へビリビリど~ん~

お尻から太もも、足の付け根からふくらはぎへ痛みが走る時

『坐骨神経痛ですね。』

と病院で言われる事があります。

 

坐骨神経痛とは病名ではなく、「症状名」です。

坐骨神経とは、お尻から足の方へ向かっている太い神経です。

太いですよね~。

 

前からみるとこんな風に沢山の神経が集まって
太い坐骨神経になってるのがわかりますね。

 

そして太ももの後ろを通って

途中で二手(大きく分けると)に分かれて

①ふくらはぎの中心から内くるぶし。

②ヒザの外側から外くるぶし。

に行きます。

 

この、お尻から太もも後ろ。 ふくらはぎにかけての痛み

ビリビリと電気が走った様な痛み。

ど~~んという鈍痛。

 

元の圧迫している原因を取り除かないと、

なかなか症状は改善しません。

 

 

これこれ!と思い当たる方、是非お気軽にご相談ください。

 

からだのねっこから元気になるお手伝いさせて頂きます(*^_^*)

坐骨神経痛といえば 豊中 バイタルリアクトセラピー専門院 宮脇治療院まで!

 

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

端午の節句~byスタッフ正岡

こんにちは😃スタッフの正岡です。

 

日本人の大好きな桜の時期が終わり、そろそろ端午の節句🎏ですね。

 

治療院にも兜のお飾りが登場しています。



御開帳~



小さな可愛らしいお道具がたっぷりあって、とってもステキです✨✨✨


※エッグアート@院長母作(*^_^*)

 

ご来院の際は、ぜひご覧くださいね。

 

それから、めまいのお話しがこのブログでも出ていますが、

わたしもここ2年ほど春になるとめまいがしていました。

 

そこで、当院で治療をしていましたところ、なんと❗
今年はめまいがでませんでした🙌🙌🙌

 

めまいってツライですよね。
それがなくなるなんて、ほんとに嬉しいです😊

 

めまいでお悩みの方がおられましたら、症状が改善されるかもしれません。

 

一度お試しにいらしてください❗

 

『めまい』といえば
豊中のバイタルリアクトセラピー専門院、宮脇治療院まで☆


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子供の頃のケガの影響、侮らないで~

院長の宮脇です。

『子供の頃からどんなケガや事故されましたか?』

初診時の問診の時にもいつも患者様にお尋ねします。

 

骨折や事故以外はあまり覚えてない方も沢山おられるので、

『特になし』と記載される方も多いです。

面白い事に、施術を続けて行くと

 

『思い出しました! 小さい時に自転車でこけて、頭縫った事ありました。』

等、思い出される事が多々あります。

 

体が覚えているんですね。

 

階段で転げた、ジャングルジムから落ちた、自転車乗ってこけたetc…

それに、記憶がない頃の3、4才までのケガって覚えてないものです。

親に聞いてないとわからないモノですよね。

 

小さい頃のケガが大きくなってからの色んな症状に繋がっています。

 

 

 

これは初診の新患説明の時に使う、「ライフライン」というポスターです。

写真右端のイラスト、子供が尻もちをついてますね。

 

しっかりハイハイしないで立ったり歩いたりすると、転び易く

尻もちをつくと、小さい頃はまだ骨が柔らかく全てくっついていないので、

尾骨が折れたり、仙骨をうって大きくなってからの骨盤内の症状の原因になったりします。

 

 

当院では乳幼児から診ています。

小さい頃にケアしておけば、大人になってから困る事も少なくなるし

中には成長が著しく変わる子達もいます(*^_^*)。

 

早めのケアが肝心ですね! 大人になってからでも遅くはありません。

心当たりある方、お気軽にご相談くださいね。

 

 

追記: 額に小石がめり込んだ後が今も残っています。

4,5才の頃にぶらんこから落ちて顔面で地面を受けたようです(^_^;)。

手をついたら良かったのに。。。がお~。

でもお蔭でこの仕事にめぐり会えたと思っています。

ケガして良かった。。。ンかな?

 

豊中で姿勢改善といえば、バイタルリアクトセラピー 宮脇治療院まで☆


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1 / 19123最後 »
このページのトップへ