院長 鍼灸師 宮脇なおこ ご挨拶

  • ホーム
  • 当院へのアクセス
  • ブログ
  • サイトマップ

院長 鍼灸師 宮脇なおこ ご挨拶
院長 鍼灸師 宮脇なおこ ご挨拶

子供の頃はどちらかというと、ひ弱な子供でした。

何かというと体調不良。正に自律神経不調な状態ですね。

なので初診の患者様の問診の際、「昔こんなんだったな。」と思う事も多々あります。

今の元気な状態でお会いする皆さんには、中々信じて貰えませんが(笑)。

 

今からすると小さい頃に、未だにおでこに石がめり込んだ後がある位のケガをしたり

ブランコの欄干でお尻強打する等々。。。首が悪くなる原因は沢山ありました。

大人になって初めて撮ったレントゲンで、首は完全なバックカーブ。仙腸関節は離開

胸椎は側弯。「これは色々体調の不具合出るよね。」という状態でした。

小さい頃に師匠の山﨑先生に出会って治療を受けていたら、元気になって別の世界で

別の仕事をしていたと思います。

 

梅花女子大学卒業後、OLを経験しました。デスクワークで、頭痛や肩や背中の痛み。

めまいが起こった事もありました。そんな時に出会ったのが、その時に他に先駆け

てアロティックリンパセラピーを取り入れていた鍼灸院です。美容部門も取り入れて

おられたので、結婚前にエステに通わずに、この治療院で体の手入れもして頂こうと

通ったのがこの世界に出会ったきっかけです。

 

26歳で寿退社して以降、家でじっとする事ができず、その治療院の高橋薬璽先生に

お声掛け頂き、受付の仕事をするようになりました。アロマや美容のことを勉強しな

がらセミナー運営に携わる等、さまざまな経験をさせて頂く中で、施術によって体が

変わる世界にとても惹かれました。体調不良から解放され、喜ばれる患者様の声に

「誰かの役にたっている」喜びを感じました。

 

10代の頃から、「この世に生まれてやるべき事は何なのか?!」とずっと探して来

た進むべき道=治療の道にやっと出会えた!と思い、鍼灸の国家資格を取得しようと

大阪鍼灸専門学校(現森ノ宮医療学園)に入学しました。入学してからは、毎日が勉

強、仕事、主婦との両立。 高橋先生と家族の理解と協力の元、2001年に鍼師・

きゅう師の国家資格を取得する事ができました。

 

2002年に独立開業。最初は、往診専門の鍼灸・アロマティックリンパマッサージ

からスタートしました。お客様からの「カラダが楽になった」という喜びの声を頂く

のが嬉しくて夢中でした。

 

筋肉、経絡、リンパに対する施術を1名に60分から90分間して、1日5・6名も

施術するとクタクタになっていました。患者様の中には良くなる方もおられました

が、中には全く改善しない方もおられました。

 

一方で、自身の体の不調も小さい頃から比べて元気になったものの、完全には改善さ

れてはいませんでした。毎日、首や肩がバリバリ。おんぶお化けを常に背負ってる感

じでした。マッサージ等、様々な施術を受けたり、健康グッズをつかって、肩や背中

を押す毎日。

中々良くならない患者様もおられるし、毎日しんどい体で施術。「これは人体の骨格

にアプローチをかけないと完全に体は良くならないだろうな。」と思っていたところ

に出会ったのが、骨格と神経にアプローチするバイタクリアクトセラピーでした。

 

実際にバイタルリアクトの治療を受けてみて、自身の体が「今までで一番健康な状態

に改善」しました。マッサージの要らない体になりましたし、おんぶお化けももうい

ません(笑)。

「体のねっこから元気に健康になる!」とはこういう事だと体験しました。

あのままバイタルリアクトセラピーに出会わずに人生を過ごしていたら、体がきつく

て多分今頃は仕事もままならなかったと思います。

 

自身の体験を元に、2004年からバイタクリアクトセラピー創始者の山﨑雅文先生

に師事して、治療院もバイタルリアクトセラピー専門院としてリニューアルオープン

しました。バイタルリアクトセラピー歴は今年で15年になります。

以降、鍼灸やアロマだけでは、改善できなかった患者さんの症状も改善する事が増え

本当にこの仕事に自信と誇りを持って取り組んでいます。患者様が辛い症状から解放され、

やりたい事が出来る様になった時が、この仕事を続けている上で何よりの喜びです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

院長ご挨拶, 宮脇治療院ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページのトップへ